学科紹介

未来を授ける

柔道整復師とは?

”手に職がつく!”柔道整復師

活躍のフィールドは多岐にわたり、ますます高まる社会的ニーズと広がる職域 将来的には独立開業も視野に

厚生労働大臣免許で国の正式なライセンスです。接骨師とも言われ、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷(軟部組織損傷)などについて各種健康保険の取り扱いが可能で、医師や歯科医師のように接骨院を独立開業できる有望な職種です。



柔道整復師という資格をご存しでしょうか?

町で見かける接骨師、ほねつぎといったほうがわかりやすいと思いますが、正式には柔道整復師といいます。整体やマッサージ師と同じ職業だと間違えている人も多いと思います。柔道整復師のルーツは戦国時代にさかのぼります。武術のひとつであった柔術は、もともと組み討ちの技で、「活法」と「殺法」に分けられ、「殺法」は武術そのもので、当て身、関節技、固め技などがあります。それに対して「活法」は当て身で気絶した者の息を吹き返すことから始まりましたが、骨折、脱臼、打撲、捻挫などの外傷の治療法、さらに出血、仮死者に対する蘇生法など昔の外科医の分野に含まれます。


柔道整復の基となった「活法」としての治療法は、大正9年に法的に公認され、第2次世界大戦後現在の憲法の下、昭和22年に法制化されました。昭和45年の柔道整復師法で単独法となり、平成元年の改正により厚生大臣免許(現厚生労働大臣免許)となっています。柔道整復師は開業権があり、保険の取り扱いができることから、接骨院を開院して地域医療に貢献しています。その他、整形外科等の病院に勤務している人、リハビリテーションなどに従事している人、スポーツの現場でスポーツトレーナーとして活躍している人、デイサービスやグループホームなどの介護施設を開設したり、機能訓練指導員として勤務している人など、多種多様にわたり、広い世の中に貢献しています。



5つの選べる職種 柔道整復師への道