学科紹介

救急救命科 救急救命科

救急救命士とは?

救急救命士は、救急車に同乗し、病院までの搬送中に心肺停止などの緊急事態が起こったときに、医師の指示の下で救急救命の処置を行う仕事です。具体的には、「心肺停止状態の傷病者に適切な応急処置・蘇生処置を行いつつ、病院などの医療機関に速やかに搬送すること」と定められています。救命率の向上を目的とし、医師以外でも緊急時に救命処置を行うことができるよう、1991年に救急救命士の資格が作られました。
救急救命士による医師の具体的指示を必要とする救急救命処置のことを「特定行為」といいますが、特定行為には、心肺停止時の電気ショックや薬剤の投与、点滴、気道確保や気管挿管のほか、心肺機能停止前の重度傷病者に対する静脈路確保及び輸液、血糖測定並びに低血糖発作症例へのブドウ糖溶液の投与などがあります。